参加規定

表彰

  1. 予選を通過し、本選に参加した者には審査員署名の賞状を贈ります。
  2. 本選において第1位、第2位、第3位を得た入賞者には審査員署名の賞状及び下記賞金を贈ります。
    【第1位】60万円 【第2位】30万円 【第3位】15万円
  3. コンクール委員会が推挙した1名に増沢賞を贈ります。
    増沢賞

    全部門の入賞者の中から最も印象的な演奏・作品に対し賞状と金30万円を贈ります。

  4. その他
    野村賞

    ピアノ部門本選出場者の最優秀者に賞状と金30万円を贈ります。

寄託賞

寄託賞として下記の賞を設定します。

【作曲部門】
三善賞

三善晃氏の遺志により、最優秀者に賞状を贈ります。

明治安田賞

公益財団法人明治安田クオリティオブライフ文化財団から最優秀者に賞状と金50万円を贈ります。

【声楽部門】
木下賞

木下保氏の遺志により、本選出場者の中から日本歌曲の最優秀歌唱者に賞状と金50万円を贈ります。また、木下賞受賞者の本選における共演者にも賞状〔=木下賞(共演)〕と金10万円を贈ることがあります。木下賞の該当者はコンクール委員会で推挙します。その際、推挙に関して、当該部門のコンクール委員が審査委員会の推薦を受けることができます。

【ピアノ部門】
井口賞

井口秋子氏の遺志により、最優秀者に賞状と金10万円を贈ります。

河合賞

河合滋氏の遺志により、最優秀者に賞状と金30万円を贈ります。

三宅賞

三宅洋一郎氏の遺志により、本選出場者の中で順位にこだわらず特に印象深い演奏をした者に対し賞状と金50万円を贈ります。三宅賞の該当者はコンクール委員会で推挙します。その際、推挙に関して、当該部門のコンクール委員が審査委員会の推薦を受けることができます。

【バイオリン部門】
レウカディア(Leucadia)賞

長年在日したイタリアの言語学者バッカーリ氏の令妹レウカディア嬢の遺志により、最優秀者に賞状を贈ります。

鷲見賞

鷲見三郎氏の遺志により、最優秀者に賞状と金10万円を贈ります。

【チェロ部門】
徳永賞 / 今回はなし

徳永兼一郎氏の遺志により、最優秀者に賞状と金30万円を贈ります。

【弦楽器部門】
黒蜿ワ

黒蜴迯j基金より、本選出場者の中からコンクール委員会で選定された者に対し、賞状と金60万円を贈ります。

【フルート部門】
加藤賞

加藤恕彦氏の遺志により、最優秀者に賞状と記念品を贈ります。

吉田賞

吉田雅夫氏の遺志により、最優秀者に賞状と金60万円を贈ります。

【管楽器部門】
P木賞(新設)

一般財団法人P木博尚記念芸術文化振興会より、管楽器部門の最優秀者に賞状と金50万円を贈ります。

【部門を問わず】
E.ナカミチ賞

E.ナカミチ財団より、本選出場者の中からコンクール委員会で選定された者に対し、賞状と金50万円を贈ります。

【全部門】
岩谷賞(聴衆賞)

各部門の本選で聴衆による投票を行い、強い印象を受け感動したとして最も多く得票した出場者(作品)に対し、主催者から贈ります。各受賞者に賞状と、助成をいただいている岩谷産業株式会社から金10万円が贈られます。

※(公財)アルゲリッチ芸術振興財団賞(新設)

公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団より、ピアノ部門の最優秀者に賞状を贈ります。副賞として、しいきアルゲリッチハウス(大分県別府市)での演奏機会が与えられます。

※共演者の中からコンクール委員会で選定された者に対し、コンクール委員会特別賞が贈られることがあります

トップページへ戻るページのトップへ戻る
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します。