課題一覧

作曲部門

※注:OSやブラウザの種類によって文字が異なって見える場合がありますので、課題曲等は必ず参加規定書(楽器店や毎日プレミアムモールで発売中)で確認して下さい。

室内楽曲

【応募】
  • 提出楽曲は1人1曲に限る。
  • 楽譜は、郵送または宅配便のみ受け付け、申し込み期間内の必着とする。
  • 申し込み締め切り後、いったん提出した作品を撤回、変更あるいは訂正加筆することはできない。
【楽曲】
  • 未発表の作品を提出すること。

    作曲教育課程での演奏は未発表として扱われる。判断がつかない場合は事前に事務局に問い合わせること。
    非公開の演奏を行う予定がある場合、または行った場合は申し込み時に報告すること。

  • 演奏所要時間は15分以内(制限時間を超過した場合には、失格することがある)。
  • ひょうせつと認められた作品は入選、入賞決定後でも失格する。
  • 既存の作品を引用する場合は、総譜内にその旨を明記すること。
【楽譜】
  • 鮮明な自筆あるいはコピーとし、コンピュータ浄書も可とする。
  • 作曲者氏名は表紙以外には書き込まないこと。
  • 指揮者の必要性の有無を明記すること。
  • 演奏所要時間を明記し、メトロノームあるいは他の具体的な方法により速度を明示すること。練習番号、あるいは小節番号も記入すること。
  • 作曲意図、内容の解説など、300〜400字程度の日本語の作品ノートをつけること。
【楽器編成】
  • 奏者は2人から7人までとする。
  • 楽器の編成は別記の範囲内から選ぶこと(編成表に附記された数字は制限数を示す)。

    指揮者を奏者の1人として加えることができる。従って、「7人の奏者+指揮者」は不可である。指揮者の必要性の有無は作曲者が決定することとし、応募時にそれを明記する。審査委員会は、この問題に関して作曲者の決定に一切関与しない。また、演奏審査の段階で指揮者の必要が生じた作品でも、あらかじめ作曲者が応募時に指定しなかった場合、指揮者なしで演奏する。
    楽器を損傷する恐れのある奏法は不可。
    PA機器の使用を指定することはできない。

  • 以上の項目に違反した場合には、失格することがある。
【その他】
  • 不可抗力の事情による楽譜の紛失を考慮し、応募者は総譜の控えを必ず用意すること。
  • 演奏審査(本選)に選ばれた作品のパート譜は作曲者自身が作成して提出する。譜面審査後に本選出場者に対して委員会がパート譜の作り方について説明会を開く。
  • 本選の演奏団体は、主催者が決定・委嘱する。ただし、演奏家については、作曲者自身が推薦することができる。主催者はこれを調整し、委嘱する。
  • 本選のための作曲者立ち会いの練習時間は均等とする。そのスケジュールはコンクール委員会で調整する。
【楽器の編成範囲】
  • ピッコロ
    フルート
    アルトフルート
    バスフルート

    ※持ち替えも可
  • オーボエ
    イングリッシュホルン
    オーボエ・ダモーレ

    ※持ち替えも可
  • クラリネット(Es)
    クラリネット
    アルトクラリネット
    バスクラリネット
    ※持ち替えも可
  • サクソフォーン
    ※ソプラニーノ、ソプラノ、アルト、テノール、バリトン。以上、持ち替えも可
  • ファゴット
    コントラファゴット

    ※持ち替えも可
  • リコーダー
    ※ソプラニーノ、ソプラノ、アルト、テノール、バス。以上、持ち替えも可
  • ホルン
  • トランペット
  • トロンボーン
  • テューバ
  • ユーフォニウム
  • ハープ 1台
  • ピアノ 3台
    チェレスタ 1台

    ※持ち替えも可
  • ハーモニカ
  • ギター(クラシック)
  • アコーディオン
  • マンドリン
  • バイオリン
  • ビオラ
  • チェロ
  • コントラバス
  • 篳篥
  • 篠笛
  • 竜笛
  • 能管
  • 尺八(1尺6寸から2尺4寸まで。持ち替えも可)
  • 三絃(細棹、中棹、太棹)
  • 十三絃箏
  • 十七絃箏
  • 二十絃箏
  • 琵琶(楽琵琶、薩摩、筑前)
  • 胡弓

  • ※声楽のみのアンサンブルは不可。テキストについては制限しない
  • 打楽器
    ※下記リストにない楽器を用いた場合、コンクール委員会から対応について問い合わせることがある
    • マリンバ1台(下記のいずれか)
      バス・マリンバ 3オクターブ(C2〜C5)
      5オクターブ(F2〜F7)
      52鍵(A2〜C7)
      49鍵(C3〜C7)
    • シロフォン 44鍵(F4〜C8)
    • ヴィブラフォン 3オクターブ(F3〜F6)
    • チューブラー・ベル 18鍵(C5〜F6)
    • グロッケンシュピール 30鍵(G5〜C8)
    • バスドラム
    • ティンパニ(32、29、26、23インチ)
    • スネア・ドラム
    • トムトム
    • ティンバレス
    • コンガ
    • ボンゴ
    • タムタム(36、32、26、24インチ)
    • サスペンド・シンバル(16、18、20インチ)
    • シンバル
    • アンティーク・シンバル〈クロタル〉(2オクターブ)
    • ドラムセット
    • ウィンドチャイム
    • ベルツリー
    • スレイベル
    • ヴィブラスラップ
    • カウベル(5音まで)
    • テンプル・ブロック(5音まで)
    • ウッドブロック(5音まで)
    • カスタネット
    • カバサ/メタルカバサ
    • タンバリン
    • トライアングル
    • ギロ
    • マラカス
    • クラヴェス
    • ラチェット
    • スラップスティック
    • 大太鼓
    • 平太鼓
    • 締太鼓
    • 桶胴
    • 小鼓
    • 大鼓
    • 鞨鼓
    • 和銅鑼(大、中、小)
    • 木鉦(大、中、小)
    • 木魚(大、中、小)
    • 当り鉦=チャンチキ
    • 鈴(大、小)
    • 松虫
    • 拍子木

声楽部門

※注:OSやブラウザの種類によって文字が異なって見える場合がありますので、課題曲等は必ず参加規定書(楽器店や毎日プレミアムモールで発売中)で確認して下さい。

本年度は「オペラ・アリア」とする。ただし、提出曲全7曲のうち、コンサート・アリアかオラトリオのアリア、どちらか1曲を含むことができる。
選考方法は第1予選、第2予選、本選とする。
第1予選、第2予選ともピアノ伴奏とし、本選はオーケストラ伴奏とする。

提出曲目(参加申し込みと同時に提出)について

  自由曲 選択曲 演奏時間
第1予選 1曲   7分以内
第2予選 1曲 3曲 計2曲で15分以内
本選 2曲   計2曲で制限なし

(1)提出曲全7曲は2カ国語以上にわたって選曲すること。その言語の比率は自由である。
(2)第2予選における「選択曲」とは、参加者によって選択・提出された3曲の中から、当日の抽選によって1曲が指定されるものである。ただし、その提出する3曲はそれぞれ異なるオペラからの選択でなくてはならない。
(3)予選、本選を通して、曲目の重複は認めない。
(4)本選での自由曲演奏にあたり、オーケストラ・パート譜が入手不可能の場合は、コンクール委員会の了承を得て曲目の変更を求めることがある。
(5)17、18世紀のオペラ・アリアは、現在歌曲として歌われている曲もあり、A. Parisotti編<Arie Antiche>全3巻、Kn. Jeppesen編<Flora>全3巻に含まれる曲は、オペラ・アリアとして扱わないものとする。

第1予選

【演奏曲】自由曲1曲

演奏時間は7分以内とする。

第2予選

【演奏曲】自由曲1曲、選択曲1曲、計2曲

1.自由曲1曲と、選択曲3曲の中から、当日抽選によって指定された1曲を歌う。
2.演奏曲の順序は自由である。
3.演奏時間は自由曲、選択曲並びに曲間を含めて15分以内とする。

本選

【演奏曲】自由曲2曲

演奏時間に制限はなく、演奏曲の順序も自由である。

【注意】
  • *演奏にあたっては暗譜であること。原則として原調・原語で歌うこと
  • *第1予選、第2予選においては、所定の演奏時間を超過した場合、途中で演奏を打ち切ることもある
  • *第1予選、第2予選において原曲の演奏時間が長い場合には、適宜省略することを認める

ピアノ部門

※注:OSやブラウザの種類によって文字が異なって見える場合がありますので、課題曲等は必ず参加規定書(楽器店や毎日プレミアムモールで発売中)で確認して下さい。

第1予選

次の(a)〜(f)より1曲を選択し、演奏すること。
ただし、(f)の主題以外、繰り返しをしないこと。進行の都合で演奏をカットすることがある。

  • (a)Beethoven: 32の変奏曲 WoO .80
  • (b)Beethoven: 自作主題による6つの変奏曲 op.34
  • (c)Schubert: 即興曲集op.142、D.935より第3番
  • (d)Schumann: アベッグ変奏曲 op.1
  • (e)Brahms: 自作主題による変奏曲 op.21-1
  • (f)Brahms: パガニーニの主題による変奏曲第2集 op.35-2

第2予選

次の(a)〜(c)を17〜20分にまとめて演奏すること。繰り返しは自由とする。

  • (a)Chopin、Liszt、Debussy、Rachmaninoff、Scriabin、Bartók 、Prokofieff、Ligeti、間宮芳生の練習曲より1曲を選び演奏する。
  • (b)Chopinの作品より1曲あるいは複数曲を、6分以上演奏する。練習曲を除く。抜粋も認める。
  • (c)下記の作曲家より1人を選び、1曲あるいは複数曲を演奏する。練習曲を除く。抜粋も認める。
      Fauré、Debussy、Ravel

第3予選

次の(a)と(b)を35〜45分にまとめて演奏すること。繰り返しは自由とする。

  • (a)J. S. Bach(オリジナル曲)、Haydn、Mozart、Beethoven の作品から任意の1曲。
  • (b)下記の作曲家より1人を選び、1曲あるいは複数曲を演奏する。
      Schubert、Chopin、Schumann、Liszt、Brahms、Franck

本選

下記のピアノと管弦楽のための作品の中から各自選択した1曲を演奏すること。

  • 【Mozart】
  • Piano concerto No.9 E flat major K.271
  • Piano concerto No.20 D minor K.466
  • Piano concerto No.21 C major K.467
  • Piano concerto No.22 E flat major K.482
  • Piano concerto No.23 A major K.488
  • Piano concerto No.24 C minor K.491
  • Piano concerto No.25 C major K.503
  • Piano concerto No.26 D major K.537
  • Piano concerto No.27 B flat major K.595
  • 【Beethoven】
  • Piano concerto No.1 C major op.15
  • Piano concerto No.3 C minor op.37
  • Piano concerto No.4 G major op.58
  • Piano concerto No.5 E flat major op.73
  • 【Chopin】
  • Piano concerto No.1 E minor op.11
  • Piano concerto No.2 F minor op.21
  • 【Schumann】
  • Piano concerto A minor op.54
  • 【Liszt】
  • Piano concerto No.1 E flat major
  • Piano concerto No.2 A major
  • 【Brahms】
  • Piano concerto No.1 D minor op.15
  • Piano concerto No.2 B flat major op.83
  • 【Saint-Saëns】
  • Piano concerto No.2 G minor op.22
  • Piano concerto No.5 F major op.103
  • 【Tchaikovsky】
  • Piano concerto No.1 B flat minor op.23
  • 【Rachmaninoff】
  • Piano concerto No.2 C minor op.18
  • 【Ravel】
  • Piano concerto G major
  • 【Bartók】
  • Piano concerto No.3
  • 【Prokofieff】
  • Piano concerto No.3 C major op.26
【注意】
  • *暗譜で演奏すること
  • *曲目の演奏順は自由とする
  • *予選を通じて曲目が重複しないこと
  • *提出したプログラムの変更は認めない
  • *制限時間は厳守のこと

バイオリン部門

※注:OSやブラウザの種類によって文字が異なって見える場合がありますので、課題曲等は必ず参加規定書(楽器店や毎日プレミアムモールで発売中)で確認して下さい。

第1予選

下記の課題曲を(1)(2)の順に演奏すること。

  • (1) Paganini:24 Caprices, Op.1

    パガニーニ:24のカプリス 作品1から

    No.2 in B minor 第2番 ロ短調
    No.15 in E minor 第15番 ホ短調
    No 17 in E flat major 第17番 変ホ長調

    上記の3曲から任意の1曲を選択すること。
    ※繰り返しなし。ダカーポあり

  • (2) Haydn :Violin Concerto No.1 in C major, 1st mov.

    ハイドン:バイオリン協奏曲 第1番 ハ長調 から 第1楽章
    ※Cadenzaなし
    ※ ピアノ伴奏は、バイオリンソロの5小節前から演奏、中間部は次のバイオリンソロの5小節前から演奏し、後奏は最後の3小節を弾くこと

第2予選

下記の課題曲を(1)(2)の順に演奏すること。

  • (1) Bach:Sonata for Unaccompanied violin No.1 in G minor, BWV1001

    バッハ:無伴奏バイオリンソナタ 第1番 ト短調 BWV1001
    ※繰り返しなし

  • (2) Saint-Saëns:Caprice After a Study in Form of a Waltz, Op.52, No.6

    サン=サーンス:ワルツ形式のカプリス 作品52 第6番

第3予選

下記の課題曲を演奏すること。演奏順は任意とする。

  • (1) Beethoven:Sonata No 6, Op.30-1, in A major

    No 8, Op.30-3, in G major

    ベートーヴェン:ソナタ第6番 イ長調 作品30-1

    ソナタ第8番 ト長調 作品30-3

    上記の2曲から任意の1曲を選択すること。
    ※繰り返しなし。ただし、No.6の第2楽章のみ繰り返しあり
    ※暗譜を指定しない

  • (2) Bartók:Sonata for unaccompanied violin, 3rd mov. Melodia

    4th mov. Presto

    バルトーク:無伴奏バイオリンソナタ 第3楽章 メロディア

    第4楽章 プレスト

本選

下記の作品の中から1曲を選び演奏すること。(Cadenzaは自由)

  • Bartók:Violin Concerto No.2
  • Beethoven:Violin Concerto in D major, Op.61
  • Brahms:Violin Concerto in D major, Op.77
  • Dvoák:Violin Concerto in A minor, Op.53
  • Mendelssohn:Violin Concerto in E minor, Op.64
  • Paganini:Violin Concerto No.1 in D major, Op.6
  • Prokofieff:Violin Concerto No.1 in D major, Op.19
  • Prokofieff:Violin Concerto No.2 in G minor, Op.63
  • Sibelius:Violin Concerto in D minor, Op. 47
  • Tchaikovsky:Violin Concerto in D major, Op.35
【注意】
  • *演奏は、第3予選(1)以外は暗譜のこと
  • *楽譜の版は自由

チェロ部門

※注:OSやブラウザの種類によって文字が異なって見える場合がありますので、課題曲等は必ず参加規定書(楽器店や毎日プレミアムモールで発売中)で確認して下さい。

第1予選

下記の(1)(2)(3)を演奏すること。全体の演奏時間は曲間を含め23分以内とする。演奏順は任意。

  • (1)下記(a)(b)から任意の1曲を選び、演奏すること。
    (a)Piatti:12 Caprices, Op. 25
      ピアッティ:12のカプリス 作品25

    (b)Popper:High School of Cello Playing, Op.73から

    No.9、No.10、No.13、No.15、No.20、No.22、No.28、No.33

      ポッパー:チェロ奏法の上級教本 作品73から

    9番、10番、13番、15番、20番、22番、28番、33番

  • (2) J.S.Bach:Suite for Solo Cello, BWV1010〜BWV1012
    J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第4番〜第6番
    上記の組曲から選択し、SarabandeとGigueを演奏すること。
    ※繰り返しなし
    ※第5番の調弦は自由
  • (3) Beethoven:7 Variations from Mozart's 'Die Zauberflöte', WoO46
    ベートーヴェン:モーツァルト「魔笛」の主題による7つの変奏曲 WoO46

第2予選

下記からいずれか1曲を選び、演奏すること。

  • (1) Stravinsky:Suite italienne(1932)
    ストラヴィンスキー:イタリア組曲(1932年版)
  • (2) Prokofieff:Sonata in C major, Op. 119
    プロコフィエフ:ソナタ ハ長調 作品119
  • (3) Poulenc:Sonata
    プーランク:ソナタ
  • (4) Shostakovich: Sonata in D minor, Op.40
    ショスタコーヴィチ:ソナタ ニ短調 作品40
  • (5) Schnittke:Sonata, No. 1
    シュニトケ:ソナタ 第1番
  • ※いずれも繰り返しなし

本選(室内オーケストラが共演)

下記からいずれか1曲を選び、演奏すること。

  • (1)Tchaikovsky : Variations on a Rococo Theme, Op.33
    チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 作品33
    *Fitzenhagen版
  • (2)Schumann: Cello Concerto in A minor, Op. 129
    シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 作品129
【注意】
  • *すべて暗譜で演奏すること
  • *楽譜の版は、指定のあるものを除き自由

ホルン部門

※注:OSやブラウザの種類によって文字が異なって見える場合がありますので、課題曲等は必ず参加規定書(楽器店や毎日プレミアムモールで発売中)で確認して下さい。

第1予選

  • F. Strauss:Konzert für Horn und Orchester c-moll Op.8 1.Satz
    F.シュトラウス:ホルン協奏曲 ハ短調 作品8 第1楽章
  • *Universal版
    *第33小節目から演奏すること
    *後奏は、ホルンと同時に終わること

第2予選

下記の課題曲(1)を演奏した後、(2)を演奏すること。(2)については、(a)(b)各グルー プからそれぞれ1曲を選択し、参加申し込みと同時に提出すること。

  • (1) W.A.Mozart:Konzert für Horn und Orchester Nr.2 Es-Dur K.417 1.Satz
      モーツァルト:ホルン協奏曲 変ホ長調 第2番 K.417 第1楽章
      *Bärenreiter版
      *第21小節目から演奏すること
  • (2)
  • (a) (イ)Schumann:Adagio und Allegro As-Dur Op.70
    シューマン:アダージョとアレグロ 変イ長調 作品70
    (ロ)Bozza:Sur les Cimes
    ボザ:頂上にて
    (ハ)Hindemith:Sonata(1939) , for Horn in F and Piano 1st mov.
    ヒンデミット:ソナタ ヘ調(1939年) 第1楽章
    (ニ)Defaye:Alpha
    ドゥファイ:アルファ
    (ホ)Desenclos:Cantilene et Divertissement
    デザンクロ:世俗歌と喜遊曲
  • (b) (ヘ)Plog:Postcards II for Horn solo
    プログ :無伴奏ホルンのための「ポストカードII」
    (ト)Slavický:Musica per Corno solo
    スラヴィツキー:無伴奏ホルンのための音楽
    (チ)Matthus:Hoch willkommt das Horn für Horn solo
    マトゥス:ホルンを高く吹き鳴らして迎える
    (リ)Madsen:The Dream of the Rhicoceros Op.92
    マドセン:サイが見る夢 作品92
    (ヌ)Berge:Horn-Lokk
    ベルゲ:ホルン・ロック

本選

  • Bowen:Concerto Op.150
    ボウエン:ホルンと弦楽のための協奏曲 作品150
【注意】
  • *第1予選と第2予選(1)は、暗譜で演奏すること
  • *本選はピアノ伴奏
  • *定員は150人程度とし、先着順とする
トップページへ戻るページのトップへ戻る
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します。