課題一覧

作曲部門

※注:OSやブラウザの種類によって文字が異なって見える場合がありますので、課題曲等は必ず参加規定書(楽器店や毎日プレミアムモールで発売中)で確認して下さい。

オーケストラ作品

下記の要領により、未発表のオーケストラ作品を提出すること。

  • (1)演奏所要時間20分以内(制限時間を超過した場合には失格とすることがある)。
  • (2)編成は24人以上で下記の範囲内とする。
  • フルート 3
    ※ピッコロ 2、アルト・フルート 1の持ちかえ可
  • オーボエ 3
    ※イングリッシュ・ホルン 1の持ちかえ可
  • クラリネット 3
    ※小クラリネット(Es管) 1、バス・クラリネット 1 の持ちかえ可
  • ファゴット 3
    ※コントラファゴット 1の持ちかえ可
  • ホルン 4
  • トランペット 3
  • トロンボーン 3
  • チューバ 1
  • ハープ 1
  • チェレスタ 1
    ※61鍵 C3〜C8、ピアノとの持ちかえ可
  • ピアノ 1
    ※チェレスタとの持ちかえ可
  • バイオリン 26
  • ビオラ 10
  • チェロ 8
  • コントラバス 6
    ※5弦のコントラバスは4以内
  • 打楽器
    (奏者4人以内で、下記リストの範囲内とする)
    • ティンパニ 4(32、29、26、23インチ)
    • グランカッサ(大太鼓) 1
    • スネアドラム(小太鼓) 2
    • ボンゴ 3
    • コンガ 2
    • トムトム 4
    • ティンバレス 2
    • タンバリン 2
    • ベルツリー 1
    • 合わせシンバル(2セット)
    • サスペンデッド・シンバル(2セット)
    • スタンド・シンバル
    • ウインドチャイム(ミュート付き1、ミュートなし1)
    • スレイベル 1
    • ラテンカウベル 3
    • トライアングル 3
    • タムタム(洋ドラ)(2セット)
    • フレクサトーン 1
    • ヴィブラスラップ 1
    • ウッドブロック 4
    • カスタネット 2
    • カバサ 1
    • ギロ 2
    • マラカス 2
    • クラベス 2
    • 板ムチ 2
    • ラチェット 1
    • シェーカー 2
    • マリンバ 1 (f-f 5オクターブ)
    • シロフォン 1(f-c 3.5オクターブ)
    • ヴィブラフォン 1(f-f 3オクターブ)
    • グロッケンシュピール 1(g-c 2.5オクターブ)
    • チューブラベル 1(c-g 1.5オクターブ)
    • アンティークシンバル 1(2オクターブ)
    • うちわ太鼓
    • チャンチキ
    • 拍子木
    • 長胴太鼓
    • 豆太鼓
    • 締太鼓
    • 和ドラ(大、中、小)
    • 木魚
    • 木鉦
    • 簓(ささら)
  • *注意:楽器を損傷する恐れのある奏法は不可。ピアノ内部奏法は禁止。
  • (3)エレクトロニクスの使用は認めない
  • (4)なお、上記に独奏者1人ないし2人を加えることができる。この場合、上記(2)の楽器によるものとする。
  • (5)応募作品には作曲意図、内容の解説など、300〜400字程度の日本語の作品ノートを つけること。
【注意事項】
  • *提出楽曲は1人1作品に限る
  • *楽譜は郵送または宅配便のみ受け付け、申し込み期間内の必着とする
  • *一度提出した作品を撤回、変更あるいは訂正加筆することはできない
  • *作曲教育課程での演奏は、未発表として扱われる。判断がつかない場合は、事前に事務局に問い合わせること
  • *審査委員会がひょうせつと認めた作品は入賞決定後でも失格する
  • *楽譜は鮮明な自筆あるいはコピーとし、コンピューター浄書も可とする
  • *表紙以外に作曲者氏名を書き込まないこと
  • *楽譜には、演奏所要時間を明記し、メトロノームあるいは他の具体的な方法により速度を明示すること。また、練習番号、あるいは小節番号も記入すること
  • *不可抗力の事情による楽譜の紛失を考慮し、応募者は総譜の控えを必ず用意すること
  • *入賞作品のパート譜は作曲者自身が提出する。入賞者に対して、委員会がパート譜の書き方について説明会を開く。パート譜を提出しない場合、失格とすることがある
  • 上記に関して不明の点がある場合は、コンクール事務局に問い合わせること。

声楽部門

※注:OSやブラウザの種類によって文字が異なって見える場合がありますので、課題曲等は必ず参加規定書(楽器店や毎日プレミアムモールで発売中)で確認して下さい。

◆本年度は「歌曲」を審査する。
◆本年度は、具体的な曲目ではなく、歌曲作曲家を指定する。

課題曲

下記の「各歌曲ジャンル(言語)の指定作曲家」の歌曲作品から選曲。
指定作曲家の各ジャンルの言語(原語)の作品を選ぶこと。
例:Schubertのイタリア語歌曲などを選んではいけない

【5歌曲ジャンルの指定作曲家】
  • 【日本歌曲】
  • 山田 耕筰
  • 橋本 国彦
  • 石桁 真礼生
  • 中田 喜直
  • 三善 晃
  • 【ドイツ歌曲】
  • F. Schubert
  • R. Schumann
  • J. Brahms
  • H. Wolf
  • R. Strauss
  • 【フランス歌曲】
  • F. Fauré
  • H. Duparc
  • M. Ravel
  • C. Debussy
  • F. Poulenc
  • 【イタリア歌曲】
  • G. Rossini
  • G. Donizetti
  • V. Bellini
  • G. Verdi
  • O. Respighi
  • 【ロシア歌曲】
  • М. Глинка
  • М. Мусоргский
  • П. Чайковский
  • Н. Римский-Корсаков
  • С. Рахманинов

自由曲

すべての作曲家の歌曲作品から選曲。課題曲の指定作曲家を含んでもよい。

◆指定された条件に従って選曲した「課題曲」「自由曲」の具体的曲名を、参加申し込みと同時にすべて提出すること。

【提出曲】
  課題曲 自由曲 演奏時間
第1予選 2曲 なし 課題曲2曲:7分以内
第2予選 5曲 1曲 指定された課題曲1曲と自由曲
1曲の計2曲 :8分以内
本選 曲数制限なし 1〜2曲 課題曲、自由曲で15分程度
◆演奏内容

第1予選

課題曲2曲

1.演奏時間は曲間を含めて7分以内とする(演奏途中で中断を指示することもある)。
2.課題曲から2曲選曲すること。ジャンルは複数にわたってもよい。
 ただし、同一作曲家の作品を重複して選曲することは認めない。

第2予選

課題曲5曲のうち当日指定された1曲と、自由曲1曲の計2曲

1.演奏時間は、曲間を含めて8分以内とする(演奏途中で中断を指示することもある)。
2.提出した課題曲5曲のうち、当日抽選で指定された1曲と、自由曲1曲の計2曲を演奏する。
3.提出曲は、日本語以外の2カ国語以上の言語(原語)を含むこと。
 ただし、同一作曲家の作品を重複して選曲することは認めない。

本選

課題曲(曲数制限なし)と自由曲1〜2曲

1.演奏時間は曲間を含めて15分程度とする。
2.課題曲から選曲して提出した曲と自由曲1〜2曲を自由に組み合わせて一つのプログラムとして構成し、演奏すること。
3.同一作曲家の作品を複数曲演奏することを認める(歌曲集の抜粋も可)。
4.演奏曲には必ず日本歌曲を入れ、かつ日本語以外の2カ国語以上の言語(原語)を含むこと。

【注意事項】
  • *第1予選、第2予選、本選での曲の重複は認めない
  • *歌曲としてのVocaliseは除外する
  • *無伴奏で作曲された曲を除き、共演楽器はピアノとする
  • *オーケストラ伴奏付き歌曲は極力避け、原曲がピアノ伴奏で書かれている歌曲を演奏することを推奨する
  • *演奏において、移調は自由とする

ピアノ部門

※注:OSやブラウザの種類によって文字が異なって見える場合がありますので、課題曲等は必ず参加規定書(楽器店や毎日プレミアムモールで発売中)で確認して下さい。

第1予選

次の(a)〜(g)より1曲を選択し、演奏すること。ただし、(f)(g)の主題以外、繰り返しをしないこと。進行の都合で演奏をカットすることがある。

  • (a)Beethoven: 32の変奏曲 WoO .80
  • (b)Beethoven: 自作主題による6つの変奏曲 Op.34
  • (c)Schubert: 即興曲集Op.142、D.935より第3番
  • (d)Schumann: アベッグ変奏曲 Op.1
  • (e)Brahms: 自作主題による変奏曲 Op.21-1
  • (f)Brahms: パガニーニの主題による変奏曲第1集 Op.35-1
  • (g)Brahms: パガニーニの主題による変奏曲第2集 Op.35-2

第2予選

次の(a)〜(c)を16〜20分にまとめて演奏すること。(a)(b)(c)間の曲間は演奏時間に含まない。繰り返しは自由とする。

  • (a)J.S.Bachの下記の作品から1曲を選び、演奏する。
    • トッカータBWV910〜BWV916
    • パルティータBWV 825〜BWV830
    • フランス組曲BWV812〜BWV817
    • 半音階的幻想曲とフーガBWV903
    • イタリア風協奏曲BWV971
    • 平均律クラヴィア曲集 第1巻
      第4番 C sharp minor、第8番 E flat minor、第12番 F minor、第24番 B minor
    • 平均律クラヴィア曲集 第2巻
      第4番 C sharp minor、第13番 F sharp major、第14番 F sharp minor、第17番 A flat major、第22番 B flat minor、第23番 B major
  • (b)Chopinの練習曲Op.10、Op.25より1曲を選び、演奏する。ただし、下記は除く。
       Op.10-3、Op.10-6、Op.10-9、Op.25-2、Op.25-7
  • (c)Liszt、Debussy、Rachmaninoff、Scriabin、Bartók、Prokofieff、Ligeti、間宮芳生の練習曲より1曲を選び、演奏する。

第3予選

次の(a)と(b)を35〜45分にまとめて演奏すること。(a) (b)間の曲間は演奏時間に含まない。ソナタ、組曲の場合は全曲演奏すること。繰り返しは自由とする。

  • (a)下記のソナタから1曲を演奏する。
    • Haydn:Piano Sonata No.33 C minor Hob.XVI:20

      No.59 E flat major Hob.XVI:49
      No.62 E flat major Hob.XVI:52

    • Mozart:K.545 C major を除くピアノソナタ
    • Beethoven:下記を除くピアノソナタ

      No.19 G minor Op.49-1、No.20 G major Op.49-2、No.25 G major Op.79、No.29 B flat major Op.106

  • (b)下記の作曲家より1人を選び、1曲あるいは複数曲を演奏する。

    Schubert、Schumann、Chopin、Liszt、Brahms、Franck、Scriabin、Prokofieff、Bartók、Fauré、Debussy、Ravel

本選

下記のピアノと管弦楽のための作品から各自選択した1曲を演奏すること

  • 【Mozart】
  • Piano concerto No.9 E flat major K.271
  • Piano concerto No.20 D minor K.466
  • Piano concerto No.21 C major K.467
  • Piano concerto No.22 E flat major K.482
  • Piano concerto No.23 A major K.488
  • Piano concerto No.24 C minor K.491
  • Piano concerto No.27 B flat major K.595
  • 【Beethoven】
  • Piano concerto No.1 C major Op.15
  • Piano concerto No.3 C minor Op.37
  • Piano concerto No.4 G major Op.58
  • Piano concerto No.5 E flat major Op.73
  • 【Chopin】
  • Piano concerto No.1 E minor Op.11
  • Piano concerto No.2 F minor Op.21
  • 【Schumann】
  • Piano concerto A minor Op.54
  • 【Liszt】
  • Piano concerto No.1 E flat major
  • Piano concerto No.2 A major
  • 【Brahms】
  • Piano concerto No.1 D minor Op.15
  • Piano concerto No.2 B flat major Op.83
  • 【Saint-Saëns】
  • Piano concerto No.2 G minor Op.22
  • Piano concerto No.5 F major Op.103
  • 【Tchaikovsky】
  • Piano concerto No.1 B flat minor Op.23
  • 【Rachmaninoff】
  • Piano concerto No.2 C minor Op.18
  • 【Ravel】
  • Piano concerto G major
【注意】
  • *暗譜で演奏すること
  • *曲目の演奏順は自由とする
  • *予選を通じて曲目が重複しないこと
  • *提出したプログラムの変更は認めない
  • *制限時間は厳守のこと

バイオリン部門

※注:OSやブラウザの種類によって文字が異なって見える場合がありますので、課題曲等は必ず参加規定書(楽器店や毎日プレミアムモールで発売中)で確認して下さい。

第1予選

下記の課題曲を(1)(2)の順に演奏すること。

  • (1) Paganini:24 Caprices, Op.1

    パガニーニ:24のカプリス 作品1から

    No.3 in E minor 第3番 ホ短調
    No.19 in E-flat major 第19番 変ホ長調
    No 21 in A major 第21番 イ長調
    No.23 in E-flat major 第23番 変ホ長調

    上記の4曲から任意の1曲を選択すること。
    ※第3番繰り返しなし、第19番は中間部のみ繰り返しあり、第23番は繰り返しなし・ダカーポあり

  • (2) Mozart:Violin Concerto No.1 in B-flat major, K.V.207, 1st mov.

    モーツァルト:バイオリン協奏曲 第1番 変ロ長調 KV.207から 第1楽章
    ※Cadenzaなし
    ※ピアノ伴奏の前奏は、バイオリンソロの6小節前から演奏し、後奏は最後の1小節を弾くこと

第2予選

下記の課題曲を(1)(2)の順に演奏すること。

  • (1) Milstein:Paganiniana (Variations) for Violin solo in A minor

    ミルシュタイン:パガニーニアーナ 独奏バイオリンのための イ短調

  • (2) Tartini:The Devil’s Trill, Edition by Fritz Kreisler in G minor

    タルティーニ:悪魔のトリル フリッツ・クライスラー編 ト短調
    ※繰り返しなし

第3予選

下記の課題曲を(1)(2)(3)の順に演奏すること。

  • (1) J.S.Bach:Sonata for solo violin No.2 in A minor, BWV1003, Andante

    J.S.バッハ:無伴奏バイオリンソナタ 第2番 イ短調 BWV1003から アンダンテ
    ※繰り返しなし

  • (2) Ysaÿe:Sonata for solo violin, Op.27, No.2, in A minor

    イザイ:無伴奏バイオリンソナタ 作品27から 第2番 イ短調

  • (3) Debussy:Sonata for violin and piano in G minor

    ドビュッシー:ソナタ ト短調
    ※暗譜を指定しない

本選

下記の作品の中から1曲を選び演奏すること。(Cadenzaは自由)

  • Bartók:Violin Concerto No.2
  • Beethoven:Violin Concerto in D major, Op.61
  • Brahms:Violin Concerto in D major, Op.77
  • Dvoák:Violin Concerto in A minor, Op.53
  • Mendelssohn:Violin Concerto in E minor, Op.64
  • Paganini:Violin Concerto No.1 in D major, Op.6
  • Prokofieff:Violin Concerto No.1 in D major, Op.19
  • Prokofieff:Violin Concerto No.2 in G minor, Op.63
  • Sibelius:Violin Concerto in D minor, Op. 47
  • Tchaikovsky:Violin Concerto in D major, Op.35
【注意】
  • *演奏は、第3予選(3)以外は暗譜のこと
  • *楽譜の版は自由

クラリネット部門

※注:OSやブラウザの種類によって文字が異なって見える場合がありますので、課題曲等は必ず参加規定書(楽器店や毎日プレミアムモールで発売中)で確認して下さい。

第1予選

下記の課題曲(1)(2)を演奏すること。(1)は3曲の協奏曲の第1楽章から1曲を選択、(2)は(a)(b)(c)から1曲を選択すること。いずれも、参加申し込み時に提出すること。演奏順は自由。カットは当日指定する。

  • (1) Spohr:Koncert für Klarinette und Orchester

    Nr.1 c-moll Op.26, Nr.2 Es-Dur Op.57, Nr.4 e-moll, 1.Satz

    シュポーア:クラリネット協奏曲 第1番、第2番、第4番のいずれかより 第1楽章

  • (2)
  • (a) Berio:Lied per clarinetto solo

    ベリオ:クラリネット独奏のためのリート
    [Universal Edition版]

  • (b) Penderecki:Prélude (1987), for solo clarinet in B♭

    ペンデレツキ:無伴奏のための前奏曲
    [Schott版]

  • (c) Nodaira:Strophe pour clarinette ― première partie

    野平:クラリネットのための「ストローフ」より 第1部
    [Zen-on-music版]

第2予選

25分以上35分以内の小リサイタルプログラムを構成し、演奏すること。演奏時間に曲間は含まない。

  • ※楽器は、B♭管、A管(いずれもソプラノ)に限る
  • ※第1予選で演奏した曲は除くこと。協奏曲も除く
  • ※出版されている楽譜を使用すること。ピアノ内部奏法のある曲は演奏不可
  • ※伴奏は1名1台のピアノ伴奏に限る

本選(室内オーケストラが共演)

下記からいずれか1曲を選び、演奏すること。

  • (1) Nielsen:Clarinet concerto Op.57

    ニールセン:クラリネット協奏曲 作品57

  • (2) Copland:Concerto for clarinet

    コープランド:クラリネット協奏曲

【注意事項】
  • *暗譜は指定しない
  • *楽譜の版は、指定のあるものを除き自由
  • 定員は135人程度とし、多数の場合は先着順で決めます

トランペット部門

※注:OSやブラウザの種類によって文字が異なって見える場合がありますので、課題曲等は必ず参加規定書(楽器店や毎日プレミアムモールで発売中)で確認して下さい。

第1予選

下記の課題曲を演奏すること。

  • J.Haydn:Konzert für Trompete und Orchester Es-dur Hob.VIIe-1 1.Satz
    J.ハイドン:トランペット協奏曲 変ホ長調 Hob.VIIe-1 第1楽章
  • ※32小節から163小節の1拍目までを演奏すること
    ※B♭管を使用すること
    ※暗譜で演奏すること

第2予選

課題曲(A)を演奏した後、改めて(B)(C)の順に演奏すること。(C)については、あらかじめ1曲を選択し、参加申し込み時に提出すること。

  • (A) L.Mozart:Konzert für Trompete und Orchester D-dur 1.Satz

    L.モーツァルト:トランペット協奏曲 ニ長調 第1楽章
    ※前奏はソロの3小節前から演奏する
    ※カデンツァは任意

  • (B) V.Brandt:Concertpiece No.1 Op.11 for trumpet and piano

    V.ブランド:演奏会用小品 第1番 作品11
    [IMC版]

  • (C)
  • (1) A.Plog:Postcards for trumpet solo

    A.プログ:ポストカード
    [Edition Bim版]
    ※in C、in B♭の選択は自由とする

  • (2) A.Plog:Postcards for trumpet solo

    H.W.ヘンツェ:ソナチネ 第1楽章、第2楽章
    [Schott版]

  • (3) V.Persichetti:Parable14 Op.127

    V.パーシケッティ:寓話 第14番 作品127
    [Elkan-Vogel版]

本選

課題曲(1)を演奏した後、改めて(2)を演奏すること。

  • (1) G.P.Telemann:Konzert für Trompete, Streicher und B.c. D-dur

    G.P.テレマン:トランペット協奏曲 ニ長調

  • (2) C.Chaynes:Concerto pour Trompette en UT et Orchestra

    C.シェーヌ:トランペット協奏曲

【注意事項】
  • *第2予選、本選は暗譜を指定しない
  • *楽譜の版は指定のあるものを除き自由
  • 定員は150人程度とし、多数の場合は先着順で決めます
トップページへ戻るページのトップへ戻る
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します。