入賞者一覧

第11回(1942年)

声楽部門

3位 石川 幸
次席 馬 金喜
入選 宮本 鞠子、矢島 信子、富田 正牧、石塚 靖、神須 美子、三好 百合子

ピアノ部門

1位/文部大臣賞 伊藤 裕
2位 畑川 美津子
3位 望月 勝世
入選 石浜 和子(有賀)、小林 昭子、増井 敬二、南 千枝子

弦楽部門

1位/情報局総裁賞 増門 祥二(Vl)
2位 宮下 敬司(Vl)
3位 植野 豊子(服部)(Vl)
入選 大津 日出(Vl)

作曲部門

1位 福井 文彦
2位 保田 正
3位 中瀬 古和
入選 清水 守、玉利 英道

▲ページのトップに戻る

第12回(1943年)

声楽部門

2位 垢木 愛子
3位 神須 美子、中野 一郎
入選 矢島信子、赤間なつよ、朝倉春子、高原まり子、林 澄沐、森山崢一、
関 忠亮、三好百合子

ピアノ部門

1位 石浜 和子(有賀)
2位 江藤 玲子
3位 小林 昭子
入選 勝津直子、古藤千代子、森田淑子、竹内美子、長戸路愛子

弦楽部門

1位/文部大臣賞 植野 豊子(服部)(Vl)
2位 星出 いと子(Vl)
3位 豊田 耕路(児)(Vl)
入選 鷲尾勝郎(Vc)、阿部富士雄(Vl)

作曲部門

2位 茨木 康雄、近藤 益男
入賞 石桁 真礼生

▲ページのトップに戻る

第13回(1944年)

声楽部門

2位 多田 玲子(深緑夏代)
3位 川内 澄江
入選 沢野八重子、飯田春代、倉田芳雄、沼崎良一、青山雅彦

ピアノ部門

1位/文部大臣賞 小林 昭子
2位 豊田 寿子
3位 伊東 昭子(寺西)
入選 長戸 路愛子、西宮 桂子

弦楽部門

1位 諏訪 光世(晶子)(Vl)
2位 池田 暁美(Vl)

作曲部門

第1部(管弦楽曲)
2位 小林 基晴(源治)
2位次席 戸田 邦雄
入選 保田 正
第2部(室内楽曲)
2位 塚原 哲夫
入選 戸田 邦雄、大島 義一

▲ページのトップに戻る

第14回(1945年)

声楽部門

1位/文部大臣賞 三枝 喜美子
2位 徳倉 さだ子
3位 当別当 順子
入選 山口和子、小原 和、横井輝男、趙 大勲(牧博)、増田徳三

ピアノ部門

1位/文部大臣賞 伊東 昭子(寺西)
2位 塩野 義子
3位 杉本 京子
入選 松原 緑(大賀)、長井克子

弦楽部門

2位 大津 日出(Vl)、小糸 明(Vc)
3位 池田 暁美(Vl)

作曲部門

1位 小山 清茂
2位 別宮 貞雄
3位 山田 貞子
入選 保田 正

▲ページのトップに戻る

第15回(1946年)

声楽部門

1位 神須 美子
2位 戸田 政子
3位 水上 房子
入選 町田 操、鋤柄 テル子、菊池 初美

ピアノ部門

1位 長戸路 愛子
2位 伊藤 普子
3位 長井 克子
入選 井内 澄子、三橋 絢子、柳川 守

弦楽部門 / 作曲部門

入賞・入選者なし

▲ページのトップに戻る

第16回(1947年)

声楽部門

1位/文部大臣賞 石津 憲一
2位 三輪 富康
3位 幡野 岑子
入選 小原 和、城 須美子

ピアノ部門

1位/文部大臣賞 坂本 陽子(市橋)
2位 塩野 義子
3位 大西 愛子
入選 土岐 啓子、柳川 守、井内 澄子

バイオリン部門

2位次席 武内 智子

チェロ部門

2位 清水 勝雄
2位次席 田中 花子

作曲部門

1位 渡辺 久春
2位 別宮 貞雄
3位 甲斐 直彦
入選 伊藤 隆太

▲ページのトップに戻る

第17回(1948年)

この回から文部大臣賞をやめて音楽コンクール特賞をもうけ、必ず1、2、3位の順位をつけることになった。

声楽部門

1位 城 須美子
2位 久木原 幸子
3位 藤井 かね子
入選 武田 敏子、小松 周子、小牧 収子、木原 節子、田村 幸次郎

ピアノ部門

1位/特賞 松浦 豊明
2位/特賞 柳川 守
3位/特賞 大西 愛子
入選 小畑 エミ子、田中 希代子、石川 恵美子

弦楽部門

1位 久保田 良作(Vl)
2位 小林 武史(Vl)
3位 中村 桃子(Vl)
入選 植村 知子(Vl)

作曲部門

第1部(管弦楽曲)
1位/特賞 貴島清彦
2位 島岡 譲
第2部(室内楽曲)
1位 別宮 貞雄
2位 入野 義郎(義朗)
3位 戸田 邦雄
入選 徳田 正彦、荒 義剛、中田 喜直、宮城 衛(小野)

▲ページのトップに戻る

第18回(1949年)

声楽部門

1位 伊藤 京子
2位 稲葉 政江
3位 中野 陽子
入選 宮塚 晃世、菊地 早姫恵、松浦 佳代、小松 周子、池田 弘子、趙 大勲、
伊藤 亘行、新田 宏一

ピアノ部門

1位/特賞 柳川 守
2位/特賞 田中 希代子
3位 土岐啓子、奈良洋子(奥村)
入選 新居正子、米本  翠、関原和子、加茂和佐子

バイオリン部門

1位 小林 武史
2位 鈴木 秀太郎
3位 岸辺 百百雄
入選 植村 知子

チェロ部門

1位 松下 修(修也)

作曲部門

第1部(管弦楽曲)
1位 石井 歓
2位 入野 義郎(義朗)
3位 戸田 邦雄
入選 内田 美代民
第2部(室内楽曲)
1位 一柳 慧
2位 中田 喜直
3位 宇賀神 敏道(光利)

▲ページのトップに戻る

第19回(1950年)

声楽部門

1位/特賞 伊藤 亘行
2位/特賞 矢野 滋(松浦)
3位/特賞 石田 栞
入選 小田野節子、井上マスヱ、斎藤美佐子、中野陽子、青山雅彦、竹内篤逸

ピアノ部門

1位/特賞 内田
2位 米本 翠
3位 坪田 昭三
入選 河東淑子、山岡優子、佐々木陽子、山本美奈子

バイオリン部門

1位 丘 理子(香西)
2位 三川 晋
3位 鈴木 純子(柴田)
入選 池田 暁美

チェロ部門

1位 布沢 勝郎
2位 田中 啓

作曲部門

第1部(管弦楽曲)
1位 伊藤 隆太
2位 松坂 一
第2部(室内楽曲)
1位/特賞 白石 顕雄
2位 一柳 慧
3位 夏田 鐘甲、間宮 芳生

▲ページのトップに戻る

第20回(1951年)

声楽部門

1位 趙 大勲(牧博)
2位 山口 和子
3位 池田 智恵子
入選 岡本 順、今村桜子、内藤綾子、斎藤美佐子、三井淳子、高田信男、斎藤達雄

ピアノ部門

1位 賀集 裕子
2位 山岡 優子
3位 中島 征矢子
入選 三浦 みどり、佐々木 陽子、新居 正子、小畑 エミ子

バイオリン部門

1位/大賞 鈴木 秀太郎
2位 有松 洋子(林)
3位 奥村 安子
入選 田中伸道(千香士)、前田郁子、西 千恵子

作曲部門

第1部(管弦楽曲)
1位/特賞 塚原 夫
2位 夏田 鐘甲
3位 寺島 尚彦
第2部(弦楽四重奏曲)
1位 一柳 慧
2位 外山 雄三
3位 高橋 源行
入選 下地洋子、藤本義典

▲ページのトップに戻る

トップページへ戻るページのトップへ戻る
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します。