入賞者一覧

国際音楽コンクール参加表彰者一覧

1986年度からは本コンクール内で審査し、副賞として授与

特別表彰

  • 【第1回】(1956年度)
    三浦 みどり(ピアノ=ロン・ティボー国際コンクール第10位入賞)
  • 【第2回】(1957年度)
    栗林 義信(声楽=ヴィオッティ国際音楽コンクール最優秀金賞受賞)
  • 【第3回】(1958年度)
    石井 志都子(バイオリン=ロン・ティボー国際コンクール第3位入賞)
  • 【第4回】(1959年度)
    小林 仁(ピアノ=ショパン国際ピアノ・コンクール第11位入賞)
  • 【第5回】(1960年度)
    布施 隆治(声楽=ヴィオッティ国際音楽コンクール特別金賞受賞)
  • 【第6回】(1961年度)
    宗 知忠(バイオリン=ジュネーブ国際コンクール第2位入賞。1位該当なし)
  • 【第7回】(1962年度)
    藤村 佑子(ピアノ=ロン・ティボー国際コンクール第9位入賞)
  • 【第8回】(1963年度)
    森 敏孝(声楽=ヴィオッティ国際音楽コンクール第5位入賞)
  • 【第9回】(1964年度)
    和波 孝禧(バイオリン=ロン・ティボー国際コンクール第4位入賞)
  • 【第10回】(1965年度)
    安田 謙一郎(チェロ=チャイコフスキー国際コンクール第3位入賞)
  • 【第11回】(1966年度)
    前橋 汀子(バイオリン=ロン・ティボー国際コンクール第3位入賞)
  • 【第12回】(1967年度)
    藤原 浜雄(バイオリン=パガニーニ国際コンクール第2位入賞)
  • 【第13回】(1968年度)
    野島 稔(ピアノ=ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール第2位入賞)
  • 【第14回】(1969年度)
    菅野博文(チェロ=ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール第4位入賞)
    稲垣悠子(バイオリン=ミュンヘン国際音楽コンクール参加)
    楊 麗貞(ピアノ=第8回ショパン国際ピアノ・コンクール参加)
  • 【第15回】(1970年度)
    清水 高師(バイオリン=パガニーニ国際コンクール参加)
    神谷 郁代(ピアノ=ロン・ティボー国際コンクール参加)
    若本 明志(声楽=ヴェルディ国際声楽コンクール入賞)
  • 【第16回】(1971年度)
    辰巳 明子(バイオリン=チャイコフスキー国際コンクール参加)
    山口 裕子(ピアノ=ブゾーニ国際コンクール参加)
    斎 求(声楽=セルトヘンボス国際声楽コンクール参加)
  • 【第17回】(1972年度)
    池田 菊衛(バイオリン=ヴィアンナ・ダ・モータ国際コンクール特別賞)
    西内 荘一(チェロ=ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール参加)
    岸本 力(声楽=チャイコフスキー国際コンクール最優秀歌唱賞受賞)
  • 【第18回】(1973年度)
    栗山 智子(バイオリン=パガニーニ国際コンクール参加)
    小林 倫子(ピアノ=第9回ショパン国際ピアノ・コンクール参加)
  • 【第19回】(1974年度)
    須田 真美子(ピアノ=ショパン国際ピアノ・コンクール参加)
    三木 裕子(ピアノ=ショパン国際ピアノ・コンクール参加)
    出口 正子(声楽=ヴェルディ国際声楽コンクール第4位入賞)
  • 【第20回】(1975年度)
    大藤 裕子(声楽=トゥールーズ国際声楽コンクール参加)
    高橋 筆子(バイオリン=パガニーニ国際コンクール第4位入賞)
    高橋 裕希子(ピアノ=ジュネーブ国際コンクール第2位入賞。1位該当なし)
  • 【第21回】(1976年度)
    村上 弦一郎(ピアノ=チャイコフスキー国際コンクール特別賞)
    毛利 友美(バイオリン=パガニーニ国際コンクール第3位入賞)
    山路 芳久(声楽=ヴィオッティ国際音楽コンクール第1位入賞)
  • 【第22回】(1977年度)
    黒崎 錬太郎(声楽=ベニアミーノ・ジーリ国際声楽コンクール第2位入賞)
    藤原 真理(チェロ=チャイコフスキー国際コンクール第2位入賞)
    渡辺健二(ピアノ=ミュンヘン国際音楽コンクール第3位入賞)
  • 【第23回】(1978年度)
    該当者なし
  • 【第24回】(1979年度)
    堀米 ゆず子(バイオリン=エリザベート国際音楽コンクール第1位入賞)
    加藤 知子(バイオリン=チャイコフスキー国際音楽コンクール第2位入賞)
    広瀬 康(ピアノ=チャイコフスキー国際音楽コンクール入選。ディプロム受賞)
  • 【第25回】(1980年度)
    古澤 巌(バイオリン=ヴィニャフスキ国際バイオリン・コンクール第5位入賞)
  • 【第26回】(1981年度)
    千住 真理子(バイオリン=チャイコフスキー国際音楽コンクール参加)
    太田 実(声楽)
    佐野 志津恵(ピアノ=フランツ・リスト国際ピアノ・コンクール銅メダル)
  • 【第27回】(1982年度)
    鈴木 秀美(チェロ)
    久保田 巧(バイオリン=クライスラー国際バイオリン・コンクール第2位。1位該当なし)
    三村 和子(ピアノ=ショパン国際ピアノ・コンクール特別賞受賞)
  • 【第28回】(1983年度)
    高岡 慶子(ピアノ=ロベール・カザドシュ国際ピアノ・コンクールSACEM賞受賞)
    番場 ちひろ(声楽=ジュネーブ国際音楽コンクール第1位入賞)
    竹澤 恭子(バイオリン=インディアナポリス国際バイオリン・コンクール第1位入賞)
  • 【第29回】(1984年度)
    光部 雅人(ピアノ)
    清水 知加子(声楽=チャイコフスキー国際音楽コンクール参加)
    中村 静香(バイオリン)
  • 【第30回】(1985年度)
    田部京子(ピアノ=エピナル国際コンクール第1位、ミュンヘン国際音楽コンクール第3位)
    福島 明也(声楽)
    奥村 智洋(バイオリン=ナウムブルク基金国際バイオリン・コンクール第1位入賞)
  • 【第31回】(1986年度)
    藤家 渓子(作曲)
  • 【第32回】(1987年度)
    野原 みどり(ピアノ)
  • 【第33回】(1988年度)
    清水 大貴(バイオリン)
  • 【第34回】(1989年度)
    丸山 泰雄(チェロ)
  • 【第35回】(1990年度)
    江澤 聖子(ピアノ)
  • 【第36回】(1991年度)
    菊地 知也(チェロ)
  • 【第37回】(1992年度)
    菅沼 ゆづき(バイオリン)
  • 【第38回】(1993年度)
    大谷 玲子(バイオリン)
  • 【第39回】(1994年度)
    栗林 朋子(声楽)
  • 【第40回】(1995年度)
    佐藤 美枝子(声楽)
  • 【第41回】(1996年度)
    高橋 敦(トランペット)、辻本憲一(トランペット)
  • 【第42回】(1997年度)
    吉井 瑞穂(オーボエ)
  • 【第43回】(1998年度)
    松本 和将(ピアノ)
  • 【第44回】(1999年度)
    谷 友博(声楽)
  • 【第45回】(2000年度)
    砂川 涼子(声楽)

安宅賞

※第3回より国際コンクール派遣となる。

  • 【第1回】(1961年度)
    弘中 孝(ピアノ)
  • 【第2回】(1962年度)
    和波 孝禧(バイオリン)
  • 【第3回】(1963年度)
    徳江 比早子(バイオリン=パガニーニ国際コンクール第4位入賞)
  • 【第4回】(1964年度)
    中村 紘子(ピアノ=ショパン国際ピアノ・コンクール第4位入賞)
    遠藤 郁子(ピアノ=ショパン国際ピアノ・コンクールでワルシャワ音楽批評家から特別銀賞を受賞)
  • 【第5回】(1965年度)
    篠崎 功子(バイオリン=パガニーニ国際コンクール第3位入賞)
  • 【第6回】(1966年度)
    三上 桂子(ピアノ=ロン・ティボー国際コンクール特別賞受賞)
  • 【第7回】(1967年度)
    木村 俊光(声楽=ベルギー国際グランプリ第2位入賞・バリトン部門第1位)
  • 【第8回】(1968年度)
    佐藤 瑛里子(バイオリン=ロン・ティボー国際コンクール特別賞受賞)
  • 【第9回】(1969年度)
    西 義一(声楽=第1回フーゴ・ヴォルフ・コンクール特別奨励賞受賞)
  • 【第10回】(1970年度)
    小栗 まち絵(バイオリン=ヴィニャフスキ国際バイオリン・コンクール入賞)
  • 【第11回】(1971年度)
    小島 妙子(ピアノ=ヴィオッティ国際音楽コンクール第3位入賞)
  • 【第12回】(1972年度)
    永井 由里(バイオリン=カール・フレッシュ国際バイオリン・コンクール参加)
  • 【第13回】(1973年度)
    佐藤 多美子(バイオリン=カール・フレッシュ国際バイオリン・コンクール参加)
  • 【第14回】(1974年度)
    西田 啓子(ピアノ=ショパン国際ピアノ・コンクール参加)
  • 【第15回】(1975年度)
    天満 敦子(バイオリン=ロン・ティボー国際コンクール参加)
  • 【第16回】(1976年度)
    荻原 千里(ピアノ=ハエン国際ピアノ・コンクール第2位入賞)

松下賞

  • 【第1回】(1964年度)
    牧野 恭子(声楽=ヴィオッティ国際音楽コンクール第3位入賞)
  • 【第2回】(1965年度)
    松本 美和子(声楽=トゥールーズ国際声楽コンクール第3位入賞)
  • 【第3回】(1966年度)
    田原 祥一郎(声楽=ヴィオッティ国際音楽コンクール金賞受賞、シシリアのエンナ声楽コンクール第1位入賞、メラーノ声楽コンクール第1位入賞)
  • 【第4回】(1967年度)
    高橋 美保子(バイオリン=ロン・ティボー国際コンクール参加)
  • 【第5回】(1968年度)
    高橋 修一(声楽=第17回セルトヘンボス国際声楽コンクール第1位入賞)
  • 【第6回】(1969年度)
    岩崎 洸(チェロ=第4回チャイコフスキー国際コンクール第3位入賞)
  • 【第7回】(1970年度)
    菊原 吏英(声楽=パールネリヤ・コンクール第4位)
  • 【第8回】(1971年度)
    中島 幸子(バイオリン=ミュンヘン国際音楽コンクール参加)
  • 【第9回】(1972年度)
    高木 鳰子(声楽=プッチーニ国際声楽コンクール第1位入賞)
  • 【第10回】(1973年度)
    妻鳥 純子(声楽=セルトヘンボス国際声楽コンクール参加)
  • 【第11回】(1974年度)
    梶井 裕子(声楽=ヴィオッティ国際音楽コンクール銀賞受賞)
  • 【第12回】(1975年度)
    畑 麻子(バイオリン=ロン・ティボー国際コンクール第5位入賞)
  • 【第13回】(1976年度)
    水野 佳子(バイオリン=ヴィニャフスキ国際バイオリン・コンクール入選)
  • 【第14回】(1977年度)
    上村 昇(チェロ=ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール第1位入賞)
  • 【第15回】(1978年度)
    景山 誠治(バイオリン=クライスラー国際バイオリン・コンクール参加)
  • 【第16回】(1979年度)
    漆原 啓子(バイオリン=ヴィニャフスキ国際バイオリン・コンクール第1位入賞)
  • 【第17回】(1980年度)
    韓 伽(ピアノ=第44回ジュネーブ国際音楽コンクール第3位入賞。1位、2位該当なし)
  • 【第18回】(1981年度)
    大林 修子(バイオリン=パガニーニ国際音楽コンクール特別賞受賞)
  • 【第19回】(1982年度)
    戸山 俊樹(声楽=ヴィオッティ国際音楽コンクール銅メダル受賞)
  • 【第20回】(1983年度)
    鈴木 裕子(バイオリン=シュポア国際バイオリン・コンクール第1位入賞)
  • 【第21回】(1984年度)
    小室 満里子(バイオリン=パガニーニ国際音楽コンクール参加)
  • 【第22回】(1985年度)
    菅野 美絵子(バイオリン=カール・フレッシュ国際バイオリン・コンクール第3位入賞)
  • 【第23回】(1986年度)
    佐橋 美起(声楽)
  • 【第24回】(1987年度)
    諏訪内 晶子(バイオリン=チャイコフスキー国際音楽コンクール第1位入賞)
  • 【第25回】(1988年度)
    神代 修(トランペット)
  • 【第26回】(1989年度)
    沢畑 恵美(声楽)
  • 【第27回】(1990年度)
    山本 はづき(バイオリン)
  • 【第28回】(1991年度)
    吉田 美夏(声楽)
  • 【第29回】(1992年度)
    三原 剛(声楽)
  • 【第30回】(1993年度)
    小渡 恵利子(声楽)
  • 【第31回】(1994年度)
    松下 悦子(声楽)
  • 【第32回】(1995年度)
    長谷 部一郎(チェロ)
  • 【第33回】(1996年度)
    川村 奈菜(バイオリン)
  • 【第34回】(1997年度)
    上森 祥平(チェロ)
  • 【第35回】(1998年度)
    柳原 佑介(フルート)
  • 【第36回】(1999年度)
    岩谷 祐之(バイオリン)
  • 【第37回】(2000年度)
    上田 仁(トランペット)

河合賞

  • 【第1回】(1978年度)
    木村 紀子(声楽=チャイコフスキー国際音楽コンクール・ディプロマ並びに特別賞受賞)
  • 【第2回】(1979年度)
    迫 昭嘉(ピアノ=ジュネーブ国際音楽コンクール第2位入賞。1位該当なし)
  • 【第3回】(1980年度)
    北島 公彦(ピアノ=ジュネーブ国際音楽コンクール入選)
  • 【第4回】(1981年度)
    小山 実稚恵(ピアノ=チャイコフスキー国際音楽コンクール第3位入賞。1位該当なし)
  • 【第5回】(1982年度)
    児嶋 一江(ピアノ)
  • 【第6回】(1983年度)
    田代 慎之介(ピアノ=エピナル国際ピアノコンクール第1メダル受賞)
  • 【第7回】(1984年度)
    小林 美恵(バイオリン=ロン・ティボー国際コンクール第1位入賞)
  • 【第8回】(1985年度)
    金子 恵(ピアノ=ロバート・カサドシュ国際ピアノ・コンクール第3位入賞、パルマドーロ国際コンクール第1位入賞)
  • 【第9回】(1986年度)
    有森 直樹(ピアノ)
  • 【第10回】(1987年度)
    松谷 園子(ピアノ)
  • 【第11回】(1988年度)
    三舩 優子(ピアノ)
  • 【第12回】(1989年度)
    田村 明子(ピアノ)
  • 【第13回】(1990年度)
    志茂 征彦(ピアノ)
  • 【第14回】(1991年度)
    鈴木 謙一郎(ピアノ)
  • 【第15回】(1992年度)
    村上 巌(ピアノ)
  • 【第16回】(1993年度)
    秋山 未佳(ピアノ)
  • 【第17回】(1994年度)
    武内 俊之(ピアノ)
  • 【第18回】(1995年度)
    野田 清隆(ピアノ)
  • 【第19回】(1996年度)
    橘高 昌男(ピアノ)
  • 【第20回】(1997年度)
    永原 緑(ピアノ)、石岡 千弘(ピアノ)
  • 【第21回】(1998年度)
    三上 亮(バイオリン)
  • 【第22回】(1999年度)
    高田 匡隆(ピアノ)
  • 【第23回】(2000年度)
    有吉 亮治(ピアノ)

黒柳賞

  • 【第1回】(1982年度)
    渡辺 玲子(バイオリン=パガニーニ国際音楽コンクール第2位入賞。1位該当なし)
  • 【第2回】(1983年度)
    漆原 朝子(バイオリン)
  • 【第3回】(1984年度)
    米谷 彩子(バイオリン=ミュファイ・エプシロン国際音楽コンクール第1位入賞)
  • 【第4回】(1985年度)
    植村 菜穂(バイオリン=ヴィオッティ国際音楽コンクール第3位入賞)
  • 【第5回】(1986年度)
    佐Q利 恭子(バイオリン)
  • 【第6回】(1987年度)
    矢部 達哉(バイオリン)
  • 【第7回】(1988年度)
    田中 景子(バイオリン)
  • 【第8回】(1989年度)
    伊藤 亮太郎(バイオリン)
  • 【第9回】(1990年度)
    牧田 由美(バイオリン)
  • 【第10回】(1991年度)
    安彦 千恵(バイオリン)
  • 【第11回】(1992年度)
    青木 調(バイオリン)
  • 【第12回】(1993年度)
    林 裕(チェロ)
  • 【第13回】(1994年度)
    志茂 美都世(バイオリン)
  • 【第14回】(1995年度)
    瀬ア 明日香(バイオリン)
  • 【第15回】(1996年度)
    田中 晶子(バイオリン)
  • 【第16回】(1997年度)
    清水 英理子(バイオリン)
  • 【第17回】(1998年度)
    長原 幸太(バイオリン)
  • 【第18回】(1999年度)
    石川 祐治(チェロ)
  • 【第19回】(2000年度)
    日下 紗矢子(バイオリン)、米元 響子(バイオリン)

E.ナカミチ賞

※以上の成績は原則として派遣時のものを記載

  • 【第1回】(1987年度)
    西沢 和江(バイオリン)
  • 【第2回】(1988年度)
    大友 聖子(ピアノ)
  • 【第3回】(1989年度)
    植村 理葉(バイオリン)
  • 【第4回】(1990年度)
    金子 仁美(作曲)
  • 【第5回】(1991年度)
    梅津 美葉(バイオリン)
  • 【第6回】(1992年度)
    岡田 将(ピアノ)
  • 【第7回】(1993年度)
    原田 敬子(作曲)
  • 【第8回】(1994年度)
    佐藤 路世(クラリネット)、遠藤 文江(クラリネット)
  • 【第9回】(1995年度)
    中川 統雄(作曲)
  • 【第10回】(1996年度)
    川島 素晴(作曲)
  • 【第11回】(1997年度)
    森川 孝太朗(作曲)
  • 【第12回】(1998年度)
    藤井 香織(フルート)
  • 【第13回】(1999年度)
    福田 玲子(声楽)
  • 【第14回】(2000年度)
    小野 貴史(作曲)
トップページへ戻るページのトップへ戻る
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します。